【ビル消毒】深紫外線LEDを活用した空調設備向け除菌・消臭ユニットを開発

これからの除菌消毒のスタンダードはこういう簡単なシステムにトレンドは移ると思うんですよね。
人の手で消毒、除菌をウェスやスプレーでしているのに対して、このシステムは、ダクト内を通る空気を深紫外線LEDと光触媒フィルターで菌やウイルスを除菌し、悪臭の原因物質・アレル物質を分解します。 さらに定期的に交換が必要なフィルターは使用していないとのことで、圧倒的に手入れが楽。
模範的にビル管理、FMに取り入れられていくと思うんですが、普及のカギはやはりコスト面かな。 見た感じそれほどしなさそうだけれど。

【参考サイト】深紫外線LEDを活用した空調設備向け除菌・消臭ユニットを開発

日機装株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:甲斐敏彦)は、深紫外線LED技術を活用した空調設備向け除菌・消臭ユニット「Aeropure・Duct(仮称)」を開発しました。

■開発の背景
新型コロナウイルス感染が再拡大する中、感染予防対策として換気の重要性が指摘されています。新型コロナウイルスの空気感染の可能性も報告される中、オフィスビルや商業施設、住宅等において、空調システムの改善に対する関心が高まっています。
このような中、当社は、深紫外線LEDを活用した安全・安心な室内環境の提供を目指し、空調設備向け除菌・消臭ユニットを新たに開発しました。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG