【ロボット】ソフトバンクGが配膳ロボ コロナ禍の人手不足に対応

ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクスは28日、飲食店やホテルなどで、料理の運搬などを自動で行う配膳ロボット「Servi(サーヴィー)」を発表した。コロナ禍での人手不足や非接触対応のニーズに応える。

【参考サイト】ソフトバンクGが配膳ロボ コロナ禍の人手不足に対応

ソフトバンクロボティクスから、配膳ロボット出ましたね。
清掃ロボットウィズに続いて、すぐにも実用化されるロボット第二弾でしょうか。来年1月からの販売みたいです。
ウィズは世界中ですでにたくさん実用化されていますが、この配膳ロボットもすぐにも実用可能そうなロボットで。3年縛りですが月額10万円以下ということで、こちらの当分の実用化配膳ロボットのスタンダードになっていきそう。
惜しむらくは。このコロナ禍の時代なんで、タッチパネルが非接触ならなお良かったですかね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事