【ビル管理】IOTで機械式駐車設備の保守・保全費27%減、作業員の危険も減らす

新明和工業はIoT(モノのインターネット)技術を使い、機械式駐車設備の点検や部品交換などの保守・保全費を従来比14―27%低減できる遠隔監視点検システム「スマートメイン」を開発した。センサー増設や監視ソフトウエアの改良により、稼働状況や部品交換時期を高精度に把握する。8月に同システムに対応する主力のエレベーター式駐車設備の設置をはじめ、2021年4月に稼働する。21年度に80基の販売を目指す。

監視データ量の増加とソフトの改良により監視精度が高まり、部品の交換サイクルが延ばせるため、設備導入から廃棄までにかかる保守・保全費用が低減できる。

【参考サイト】IoTで機械式駐車設備の保守・保全費27%減、作業員の危険も減らす

イメージとしては、エレベータの遠隔監視の立駐の保守点検版みたいな感じでしょうか。
エレベータの遠隔監視は広く進んでいますが、立駐の遠隔監視もできつつあるようです。
部品の交換サイクルが延ばせるため、設備導入から廃棄までにかかる保守・保全費用が低減できたり、作業員に頼っていた点検項目を3―4割自動化できて、高所作業などの危険も減らせるそうです。
ビル管理の中でも、特に設備保全分野はIoT技術との親和性が高い分野です。コスト削減もいいですが、人手不足の解消に繋がるの更によいですね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事