【ビル管理】「人の手を介さない」完全自律飛行ドローンがスカイツリーを警備 ALSOK

ALSOKはこのほど、東京スカイツリータウンで完全自律飛行ドローンを活用した警備システムの実験を行った。自律的にフロア間を移動し、リアルタイムで遠隔地にカメラ映像を送信したり、ドローン単体で人物を検出したりと、「人の手を介さない完全自律運用を実現した」という。

使ったドローンは、4Kカメラで撮影した全方向画像をリアルタイムに処理し、GPSを使えない屋内でも完全自律飛行できるのが特徴。障害物を自動で回避したり、充電ポートに自動で離着陸したりできるほか、内蔵しているAIエッジコンピュータにより、ドローン単体で人物などを検出することもできる。

【参考サイト】「人の手を介さない」完全自律飛行ドローンがスカイツリーを警備 ALSOK

あれ? いつの間にここまで進んできているのか!って記事でした。
屋外じゃなく屋内で、ドローンが完全自立飛行してくれます。360°全方向の映像も記録してくれていて、障害物も避けながら飛行してくれるのなら、もはや施設警備の巡回業務は必要なくなるのでは。
遠隔でモニターチェックしながら、いざとなれば施設外からの急行でもいけてしまえば、施設警備の省人化に役立ちますね。
警備とロボットとの親和性も高いと思っていたけれど、あっという間にここまで来ましたかー。素直にすごい。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事