【ビル管理】ヨーロッパ各国で体験したFMから、将来を読み解く

建設業界でも大手ゼネコンを中心にIoT活用やBIM連携など、先進的な事例が見られるようになってきている。本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で解説する。

“ファシリティマネジメント(FM)”というキーワードは、だいぶ世の中に知れ渡ってきているかと思うが、現在でもよく分からない方が多いかと思う。一言(ひとこと)で言い表せる概念ではないが、“見聞録”と題した本稿で、筆者の経験を通してどういうものであるか、また、FMをキャリアとして考えるきっかけになればと願っている。

【参考サイト】ヨーロッパ各国で体験したFMから、将来を読み解く

この記事で今のFMの理想形はでてきません。ただ日本のFMがヨーロッパに比べて遅れているんだなーということはわかります。  
今後の記事でこらからの日本のFMの進むべき道も示唆してもらえるのでしょうか? ビルメン業界とFMはとても密接な関係にありますからどちらもしっかり目配せしておくことが必要です。  
FMはサービスで、ホスピタリティが重要です。そしてビジネス的には費用対効果とバランスにももちろん目配せが必要なわけです。 難しいですね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事