【ビル管理】「ブルーイノベーション、6億円調達 工事点検にドローン活用」

ドローン(小型無人機)運用システムのブルーイノベーション(東京・文京)は、空調工事の大成温調やベンチャーキャピタル(VC)などから約6億円を調達したと発表した。ブルーイノベーションがドローン点検システムを開発し、大成温調が手がけるビルや工場の点検に導入して省人化につなげる。

【参考サイト】ブルーイノベーション、6億円調達 工事点検にドローン活用

変わった形のドローンですが、屋内でも飛ばせてぶつかってもいいように外側にクッションになるような枠があるんでしょうか??  屋外での橋桁や配管のひび割れ点検などにすでに使われているのは知っていましたが、屋内でも高いところの点検には使われるようになるのでしょうか。 また狭い隙間を移動するときにも、ぶつかってもいいように外枠をかこっているのかな? ビルメンテナンスの現場にもどんどんドローン入ってきますね。 施設警備にも活躍しそうですしね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事