【ビルメンポスト】ビルメン業者の世代交代・事業承継が進まない本当の理由

ビルメン業者の世代交代・事業承継が進まない本当の理由

日本で事業承継がなかなか進まないことは、今や国家的危機として捉えられている面があります。そしてビルメン業界でもそれは同じようです。多くの社長から、この問題で頭を悩ませている話を聞きます。

そもそも、なぜ事業承継は進まないのでしょうか。「後継者が継ぎたいと思えるような、魅力的な事業展開をしてこなかったからだ」「子息など親族で継ぎたいという人材がいない」など、世間では様々な理由がまことしやかに語られています。

しかし、数々の事業承継の現場の話を聞いて、接していると語られている上記のような理由とは、また違ったものを感じます。葛藤や確執、自分の権力への執着というか、もっと人間くさいもの、業のようなものさえ感じます。

事業承継が進まない本質的と思われる理由

1.「社長業」より楽しい仕事が見つからない
2.他人のアドバイスを聞き入れることができない
3.本当は跡をついでほしいにも関わらず、子供には「好きな道を行け」と言っている
4.社長業の大変さばかりを後継に伝えているため、後継候補が継ぎたがらない
5.引き継いだ後、会社がうまくいくか心配で、もう少し状況が良くなってから渡そうとしている

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事