【ビル管理】家にネズミが出たら、どうすれば…? 専門家に聞いた「5つの対処法」

020年は子年。

夢の国のマスコットや、電気を放つ黄色いモンスター。このようにキャラクター化されたネズミはとってもかわいいが、現実世界では「害獣」として扱われる場合が少なくない。

19年、東京・渋谷のファミリーマート店舗で起きたネズミ騒動を覚えている人も多いだろう。

この店舗は騒動後すぐに営業を休止。後に閉店していたことが、Jタウンネットの取材で分かっている。

そもそも、ネズミが出現することで、具体的にはどんな被害があるのか。そして、ネズミが出た場合はどのような対策をすればいいのか。

Jタウンネット編集部は、ネズミがもたらす「鼠害」(そがい)に詳しい日本環境衛生センターを取材した。

新年一発目の投稿はネズミ年ということで、建物管理としてのねずみの対処方法です。害獣扱いでビルメンテナンス業界でも駆除の対象ですが、基本的にビル、建物内で見かけるねずみの種類は3種類。どぶねずみ、くまねずみ、はつかねずみです。駆除方法、侵入を防ぐ方法なんかも細かく書いてありますね。基本的にゴキブリと一緒で、えさになるものを置かないことです。ある程度の侵入は仕方ないのですが、建物内で繁殖させないことが肝要ですね。

https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/299780.html?p=all&fbclid=IwAR0MkSagN42N3n_3VFskHbwDp8oSh4SR9uFZWWvdoXvuuBJLWmUJH6uAz34

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事