ロボットが外国人被災者を支援 「防災週間」で訓練

「防災週間」初日の30日、大規模地震を想定した防災訓練が東京都内で行われた。警備用ロボットが負傷者役の外国人を英語でサポートするなど、増加する外国人を災害から守る取り組みが盛り込まれた。

いやー、映像でかっこいい警備ロボットが出てきて、英語でしゃべりだすんで進んでいるなーと思ったら、集中警備室で遠隔操作していて、そこで人が英語でしゃべっていました。ほっとするやら、しらけるやら、でまだまだここまでか・・・と。まあ、でも生産性は高まりそうだし、人が行くには危険な場所でも行けそうだし、これはこれでいいのかなとも。将来的には遠隔操作なしに自由にしゃべったり、判断できるようになりますよね。楽しみです。

https://www.nikkei.com/video/6080117288001/

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事