【ビル管理】シェアハウスは成長産業?!交流ニーズに照準、適切な管理で高賃料、高稼働率を維持!

シェアハウスは、一部の不動産会社や金融機関の不祥事でイメージダウンが心配されたが、シェアリングエコノミーのシンボリックなビジネスモデルとして着々と浸透しつつある。

特に、学生や単身サラリーマン、外国人といった層からの引き合いが強い。学生であれば、他校あるいは社会人との交流を求めたり、サラリーマンならば、異業種や同居する外国人とのつながりを求めたりと、利用者の目的は多様化している。

久しぶりにシェアハウスの記事みました。シェアハウスはいろいろ不祥事もありましたが、やはりこれからの時代ではやると思うんです。 空き家をシェアハウスに改装したりして、同じ趣味の人たちで繋がれるようにしたり、学生アパート化させたり、それこそ老人ホーム化させたり。 こちらの記事にも書いてありますが、やはり管理の質が大事ということで、これはビルメンテナンス業界全般に繋がることです。

https://www.kenbiya.com/ar/ns/for_rent/share_house/3685.html?fbclid=IwAR2VFKe3kTYkptYML0FLUAzu3MJkkvKYZgeS7SuLqs9luPY_Ut1JpanpP_o

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事