【施設警備の未来の姿とは?】ドローンの全自動運用を実現する「SENSYN DRONE HUB」

施設警備で、そこそこの規模のビルだと警備員を何人か常駐させての巡回警備などがメインではないでしょうか。

今後の施設警備ですと、カメラを重要ポイントに設置して、広い敷地がある施設で、屋外のポイントにカメラセンサを設置できない箇所においては、ドローンを飛ばして巡回警備させる。人は管理室で複数モニタをチェックしていて、アラートがなったポイントのにチェック、音声とかでも確認して、必要なら現場へ急行する。

こんなところではないでしょうか。でもどうしても、ドローンやロボットだけでは現在のレベルでの人の警備業務のすべては賄いきれない。だから人による警備業務、もしくはビルメンテナンス業務は完全に置き換わることはないわけです。

【参考サイト】ドローンの全自動運用を実現する「SENSYN DRONE HUB」、ビル点検や被災現場などで活用

センシンロボティクスは、自動で離着陸が可能になる完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB(センシンドローンハブ)」の提供を開始した。同システムは、ドローン本体、自動離着陸・充電を行う基地、制御ソフトウェアなどを一体化させている。カメラを搭載することで、大規模な工場やビルの点検、災害現場での監視などを、効率的かつ安全に行うことができる。同社提供のソフトウェアと連携することで、簡単にフライトプランも設定できる。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG