MENU

【ケルヒャーの業務用ロボット掃除機】コンパクトサイズで乾式の吸引掃除ロボット

ケルヒャーからは業務用として人が押したり乗ったりする大型の掃除機や、自動運転の床洗浄ロボットは既に展開中でしたが、コンパクトサイズの業務用掃除ロボットは初ですね。昨年の有明でのビルメンフェアでも少し紹介されていました。

自律的なマッピングとアプリによる効率的なルートで清掃を行ない、端まで掃除できるサイドブラシを2つ備え、交換可能な36Vバッテリーで動作。人の手でも移動できるように伸縮ハンドルも内蔵しています。

何気にこういうコンパクトサイズを1基ずつ使用して各フロアごとに任せるのが最近のトレンドじゃないでしょうか。 エレベーター乗り換えたりドアを開けて次の部屋へ掃除しに行くまではもう少し時間かかりそうですね。

【参考サイト】ケルヒャー、業務用ロボット掃除機を年内に国内投入へ

ケルヒャージャパンは、今後の事業戦略などを紹介するイベント「ケルヒャーフェア 2024」を5月31日に開催。販売店などのパートナーを招いて今後登場する清掃機器などの新製品を披露した。

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

ビルメン業務でこんなお困りごとはありませんか?

  • 求人募集で誰も来ない・離職率が高く・定着率が悪い。
  • ビルメンの業務効率化・労働生産性向上・IT/DX化
  • 警備・清掃業務の値上げ交渉が上手くいかない。
  • ビルメンロボットに導入に関しての相談

ビルメンコンシェルジュでは「ビルメン業務・ビル管理に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

空き家でこんなお困りごとはありませんか?

  • 田舎の実家・空き家をどうするかで悩んでいる
  • 実家を放置しっぱなしなので何か有効活用をしたい。
  • 実家をなるべく費用をかけずに処分したい。
  • 空き家の維持管理にどのくらいの手間やコストがかかるか知りたい。

ビルメンコンシェルジュでは「空き家管理・処分・活用に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

この記事の執筆者

清水聡希 清水聡希 ビルメンポスト管理人

ビルメンポスト』管理人/『ビルメンコンシェルジュ』チーフSG・名古屋市生まれ。日本ホスピタリティ推進協会員
「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。
※取材依頼・仕事のご依頼はこちら>>

目次