MENU

【かわいい案内ロボット】窓口案内業務の軽減に、自走型AI案内ロボット「Timo(ティモ)」

案内ロボットは見た目大事ですね。これぐらいかわいいと触ってみようかな?という
気も起ります。

音声認識で利用者を目的地まで案内してくれるそうです。

音声に対応してくれるのでいいですが、タッチパネル対応もしている割に画面が小さいので高齢者には不便かもしれませんね。改善されるでしょうか。しかしかわいいロボットです。

【参考サイト】自走型AI案内ロボットが町役場を案内!自治体の人手不足を解決 山梨県内初の試み

飲食店DXを推進するロボティクスソリューションカンパニーである株式会社DFA Robotics(以下「DFA Robotics」)は、一般社団法人公民連携推進機構の会員自治体である「山梨県富士川町役場」にて、自走型AI案内ロボット「Timo(ティモ)」を活用し、来庁者を案内する実証実験を県内で初めて行いました。実証実験では「Timo(ティモ)」が窓口案内業務を代替し、職員の業務効率改善に繋がりました。

今後DFA Roboticsと公民連携推進機構は、富士川町をはじめとする地方自治体が抱える人手不足や生産年齢人口の減少、高齢化の課題解決に向け、ロボティクスソリューションを提供いたします。

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

ビルメン業務でこんなお困りごとはありませんか?

  • 求人募集で誰も来ない・離職率が高く・定着率が悪い。
  • ビルメンの業務効率化・労働生産性向上・IT/DX化
  • 警備・清掃業務の値上げ交渉が上手くいかない。
  • ビルメンロボットに導入に関しての相談

ビルメンコンシェルジュでは「ビルメン業務・ビル管理に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

空き家でこんなお困りごとはありませんか?

  • 田舎の実家・空き家をどうするかで悩んでいる
  • 実家を放置しっぱなしなので何か有効活用をしたい。
  • 実家をなるべく費用をかけずに処分したい。
  • 空き家の維持管理にどのくらいの手間やコストがかかるか知りたい。

ビルメンコンシェルジュでは「空き家管理・処分・活用に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

この記事の執筆者

清水聡希 清水聡希 ビルメンポスト管理人

ビルメンポスト』管理人/『ビルメンコンシェルジュ』チーフSG・名古屋市生まれ。日本ホスピタリティ推進協会員
「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。
※取材依頼・仕事のご依頼はこちら>>

目次