【ビル管理】著名建築家らが渋谷区内の公衆トイレをデザイン 坂茂さん設計・ガラス張りトイレなど

日本財団(港区)が「THE TOKYO TOILET」として進めている同プロジェクト。クリエーティブの力を使い社会課題の解決を図る取り組みで、「暗い」「汚い」「臭い」「怖い」などのイメージから入りづらい状況がある公衆トイレを「誰もが快適に使用できる」ようになることを目指す。障がいのある人が「街に出にくい日本の様式を変えたい」という思いからスタートし、「その最たるもの」とトイレに着目したという。

 当初は東京全体を考えていたというが、数が多く難しいと判断。包括連携協定を締結しているつながりがあることや、「東京の情報発信の中心」であると渋谷区での実施を決めた。2018(平成30)年10月に区と同プロジェクトに関する覚え書きを締結し進めてきた。改装費用は日本財団が負担し、今年設置する全7カ所の改修には約7億円掛かっている。維持・管理は日本財団と区、一般財団法人渋谷区観光協会が協定を結び行う。清掃は民間企業に委託し、これまでの1日2回から3回に増やすという。本年度から3年度は日本財団の助成を受け管理していく。

【参考サイト】著名建築家らが渋谷区内の公衆トイレをデザイン 坂茂さん設計・ガラス張りトイレなど

最初画像見たときに、おしゃれなバス停かと思ったらトイレ!
あちこちの渋谷の公衆トイレがおしゃれになるみたいですね。
日本のトイレは世界一だと思いますが、便器便座だけでなく、建物外観もオシャレです!! 画像の公衆トイレは普段ガラス張りで中が見えますが、使用するときには不透明になるとか。
日本財団さんと著名建築家やデザイナーさんが組んでのプロジェクト。 佐藤可士和さんやApple Watchのデザインを手掛けたマーク・ニューソンさん、NIGOさんなどもこれから参加されていくそうです。
トイレがかっこいいと話題になりやすいですよねー。ちなみにNIGOさんは清掃員さんのユニフォームもデザインされるそう。かっこいいユニフォームでのトイレ清掃はモチベーションもアップするでしょうね。
渋谷でオシャレトイレを見つけるのが楽しみです。
ビル建物管理の新しい形じゃないでしょうか。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事