タブレット一体型ロボット「こくり」で感染リスクを軽減 非接触型受付の実証実験を日販テクシード本社で実施

日販テクシードはWithコロナ時代の新しい企業受付の形として、タブレット一体型ロボット「こくり」を活用した非接触型受付(以下、非接触型受付ロボット)の実証実験を2020年8月中旬から実施することを発表した。
非接触型受付ロボットは来訪者がセンサーに手をかざすと検知し、話しかける。次に来訪者は事前に渡されたQRコードをかざすか呼び出したい部署名をロボットに話しかけることで受付が完了。これと同時に社員に来訪情報が通知される。この非接触型受付ロボットにより電話やタブレットに触れずに企業受付を完了できるため、人や物との接触が必要な従来の企業受付に対する抵抗感、および来訪者の感染リスクを軽減する受付を実現する。

【参考サイト】タブレット一体型ロボット「こくり」で感染リスクを軽減 非接触型受付の実証実験を日販テクシード本社で実施

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事