【ビル管理】江東区に体験型研修施設 年間4000人想定/シミズ・ビルライフケア

清水建設の100%子会社「シミズ・ビルライフケア」は、ビルマネジメントや修繕に対応できる高品質人材の育成を目指し、東京都江東区に体験型実技研修施設「S・BLC技術研修センター」を新設し、本格運用を開始した。従業員の経験年数や能力に応じて100程度のコース(400講習)を設け、年間延べ4000人程度の受講を想定している。郡公彦執行役員ビルマネジメント事業部門技術管理担当は、「建物管理の専門性が高まっており、対応できる技術を持ったリーダーを育てたい」としている。

さすがの大手さんの研修施設です。なかなか全体をモーラしてのワンストップ研修ってできませんからね。透明な配管で給排水設備の全体像を視覚的に把握できたりとか、実際の機器を使った緊急対応訓練ができるのは貴重ですよね。建物管理は座学だけではなかなか経験値を上げれませんから、こういう施設でしっかり研修できるのはいいですね。うらやましいことです。こういう地道な取り組みができることが差別化にもつながるはず。 外部の人間にも使わせてくれないかなー。

https://www.kensetsunews.com/archives/415848?fbclid=IwAR0xtBo9871B50nleQN2cbSXr_0-1BdBm5BEWBdYr4yCanGfUpfwXl0zxqA

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事