【ビル管理】北海道の民泊大手MASSIVE SAPPORO、横浜で新築無人ホテル開業 チェックイン用タブレットやスマートロックを配備、内覧会も

無人オペレーション型ホテルを北海道で展開する民泊仲介大手MASSIVE SAPPORO(代表:川村健治)は11月26日、神奈川県の横浜エリアで初の新築無人ホテル「GRAND CAVE YOKOHAMA」(グラン・カーヴ・ヨコハマ)を開業すると発表した。

同ホテルは木造3階建てで全6室(各部屋約20㎡)となっており、最大収容人数は1室4人。立地は横浜中華街まで徒歩5分の場所。チェックイン用タブレットやスマートロックが配備されており、12月15日から宿泊の受け入れを開始する予定だ。既に予約受付は開始している。

同ホテルのオーナーは個人所有者で、管理・運営は新都市総合管理株式会社、客室清掃は株式会社アミーゴ、共用部清掃や緊急かけつけは株式会社三光ビルサービス社がそれぞれ担当する。MASSIVE SAPPOROは運営ノウハウの提供とコンサルティングが主な役割だ。

本当に外国人観光客が寝るためだけに使う部屋という感じですね。個人オーナーがいて、民泊仲介業者がいて、運営管理会社がいて、客室清掃会社がいて、緊急対応会社がいて、と完全分業制。それぞれが担当サービスだけに特化して安い値段を提供していくわけですね。うーん回転率が大事なような。ほんとに建物管理にもいろんなケースがありますね。

https://minpaku-univ.com/news/14460/?fbclid=IwAR26MXWw-W10pfxkV0rFRAsCLFqBIfOaZFpjCh3coO_VbWICYzFuWXXdgxo

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事