【ビルメンテナンス】ビケンテクノ、エアコン整備の地場企業買収

ビルマネジメント大手のビケンテクノ(大阪府吹田市)は、エアコンの設置工事やメンテナンスを手掛けるシンガポールのリオン・ハム・エンジニアリングを買収する。同国での事業強化を図るのが狙い。シンガポールで事業買収を行うのは今回が3件目となる。

シンガポール現地法人がリオン・ハム・エンジニアリングの全株式を取得する契約を、9月30日付で締結した。取得額は非公表。取引の完了は来年8月末を予定している。

ビケンテクノは2011年に現地法人シンガポール・ビケンを設立。工業団地の管理人業務などファシリティーマネジメント・サービスを手掛けている。

15年に日系のエアコン整備会社から事業譲渡を受けたほか、今年に入りプールのメンテナンスを手掛ける現地企業を傘下に収めた。管理人業務に加え、日本本社の本業であるメンテナンス事業をシンガポールでも強化する方針だ。メンテナンス事業では個人邸宅が主要なカバー領域で、これまでに取得した事業による相乗効果を期待している。

ビケンテクノの担当者はNNAの取材に対し、「今年に入り2社を傘下に収めた。しばらくは足元の事業基盤を整えることに注力したい」と述べた。

ビケンテクノはシンガポールのほか、ベトナムに1社、フィリピンに2社の関連会社を置いている。

たまにちらほら見ることありましたが、大手のビケンテクノさんがシンガポールのビルメンを買収だそうです。 シンガポール・ビケンさんてのを作られてみえたんですね。ビケンテクノさんはシンガポールのほかにもベトナム、フィリピンにも関連会社を作ってみえるとか。 日本は過当競争ですかね。 大手さんはいち早く海外進出してブルーオーシャン、先行者利益狙いでしょうか。 日本もこれからビルメン大きく変わっていくはずですが、両面戦略をとっていけるところがさすが大手さんです。うらやまし。

https://www.nna.jp/news/show/1956836?fbclid=IwAR1mALN9vnqmTE3qUkACPuyQwWhry1SCFGCERlYpSR2q4UQZizIyE-VpU6E

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事