【ビル管理】京アニ放火事件で関心高まる「防火設備」、学ぶべき教訓は何か

34人が死亡、34人が重軽傷という大惨事になった京都アニメーション放火事件。3階建てのビルが丸ごと焼けるという事態に、驚いた人も多いはずだ。京アニの建物の状況がどうだったのかは今後の検証を待たねばならないが、この未曾有の大火災からオフィスビルやマンションが学ぶべき教訓を考えてみよう。(さくら事務所マンション管理コンサルタント 土屋輝之)

悲惨な京アニ放火事件での、ビル管理における業界サイドからの問題点を洗い出してくれています。普段の非難訓練、防火対策。建物の構造上からも対処できた点があったわけですね。起こってからでは後のまつりですが・・・・。ガソリンを撒かれるなんて、特殊な事件ですが、他山の石としないことです。

https://diamond.jp/articles/-/209374?fbclid=IwAR1XXZxIpVN215MLM0Wks–aLF8pgfgQooHqW794gomPRkNwczfdqymEJPU

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事