特定空き家

【必見】0円物件・空き家の購入リスクと失敗しないポイント

安いものほど高くつくということわざがあるように最近0円物件・0円不動産・訳あり物件が注目されています。果たしてこの0円物件。ビルメンの観点からみてお得なのか、それとも損なのか、本当に0円で入手可能なの […]

空き家件数が過去最高を記録。「信用」を借りて市場に流通させる試みとは

移住したいけれど住む家がない、という話を地方ではよく耳にする。実際に空き家がないわけではない。空いてはいるけれど「知らない人に貸すのは不安」「仏壇が残っている」「息子がお盆に帰ってくる」などの理由で、 […]

【空き家】廃墟マンション解体、全国初の行政代執行…費用1億円の回収めどたたず

滋賀県野洲やす市は25日、市内の築48年の分譲マンションについて、空家対策特別措置法に基づき、行政代執行で解体工事を始めた。同法に基づく分譲マンションの解体は全国初とみられる。壁が崩落するなど「廃虚化 […]

日本の「空き家問題」を解決するビジネスアイデアとは?

以前から空き家の増加が社会問題となっています。賃貸用の物件で入居者が見つからない場合の空室も問題になっていますが、誰も住んでいないという意味での空き家が相当あるのです。 中には、管理者、所有者と連絡が […]

空き家対策に「妙手」 相続財産管理制度 解体費回収、跡地利用も

人口減や少子高齢化に伴い全国で増え続ける空き家の対策として、市区町村による相続財産管理制度の活用が進んでいる。2015年の空き家対策特別措置法施行により、市区町村は倒壊の恐れがある「特定空き家」を代執 […]

空き家になった実家、どう管理したらいい?

日本では年々空き家が増え、大きな問題になっています。空き家になった実家を相続したものの、どのように管理したらいいのか悩んでいる方も多いのでは? 空き家が身近になった今だからこそ、実際に空き家を管理する […]

行政代執行で解体へ 老朽化激しい空き家マンション

滋賀県野洲市にある老朽化が激しい空き家の分譲マンションで、市が行政代執行で解体に踏み切る事態となっている。所有者全員が合意して自分たちで解体するのが本来だが、一部の所有者と連絡がつかないなどで長年、危 […]