【ビル管理】人や犬などが殺虫剤の影響を受けない理由

5月に入って気温が上がり、湿度も高くなると、さまざまな害虫が繁殖してきます。ゴキブリ、ダニ、ノミ、蚊などの害虫は衛生害虫と呼ばれ、感染症を媒介するため、殺虫剤などで駆除するケースが増えてきます。

しかし、強い殺虫効果がある薬剤は、人やペットに対して害はないのでしょうか。特に乳幼児や小型犬などは顔の位置が低いため、殺虫剤を吸い込む危険があるので心配です。

そろそろ季節柄、害虫に関する話題増えて来ました。私も殺虫剤がピレスロイドが多く含まれていることは知っていましたが、こちらの選択毒性という言葉は知りませんでした。理屈は理解できます。過剰に吸引したり、誤飲したりするとよくないというわけですね。

https://weathernews.jp/s/topics/201905/090145/?fbclid=IwAR13BJQmqUp9abY2NULqH6dN4Wv-tPajQ2AEs3wdDVoGZostkGViA4FsasM

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事