【ビルメン業界】NECネッツが「CPaaS」、人の情報集め業務効率化

【ビルメン業界】NECネッツが「CPaaS」、人の情報集め業務効率化

NECネッツエスアイはIT(情報技術)機器や装置類に加えて、人間を含めた情報を網羅して業務改善するシステムを開発した。例えばオフィス受付のやり取りをデジタル化し、会議室の予約ツールと連動する使い方を可能にする。人手が介することでのムダをなくし、情報をスムーズに伝える。2022年度に関連サービスで12億円の売り上げを目指す。

CPaaS(シーパース)「コミュニケーションプラットフォーム・アズ・ア・サービス」って言うんですね。業務効率化、サービス業の生産性向上、働き方改革、いろいろ言われますが、これも一連の業務効率化サービスなんですね。アメリカ進んでいます。
 オフィスのアマゾンエコーみたいなもんでしょうか?社員それぞれに秘書がつくようなイメージですか。情報漏えい対策など含め不安も感じますが、どれだけ有能か試してみたいですねー。興味あります。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3836533030112018X20000/?fbclid=IwAR2-A4PdTZ9QeKGUPCNvFSPcYk1wfRMSUrPQEAEbjI8qZffD8SkV-MoeWTw

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事