会話ロボット「ARISA」乗換や駅構内の情報を対話と映像で案内 多国言語/雑談/記念撮影もOK 近鉄「近未来ステーション構想」

株式会社アルゼゲーミングテクノロジーズは自社開発したロボット『ARISA(アリサ)』が近畿日本鉄道株式会社の「近未来ステーション構想」に2020年7月1日から参加することを発表した。
ARISAは、大和西大寺駅コンコースに設置され、乗り換えや駅構内の情報、観光スポットなどを対話と映像で案内する。

 ARISAは日英中韓の4ヶ国語での音声、映像を使った案内機能をもち、それ以外にも、ユーザーに興味を持たれ親しまれるロボットとして、雑談や記念撮影といった機能を備える。大和西大寺駅では、案内を通して、回答できなかった質問などを学習・改善していくのだという。
同型のロボットは過去に都営大江戸線の上野御徒町駅でも実証実験を行った経緯がある。

【参考サイト】会話ロボット「ARISA」乗換や駅構内の情報を対話と映像で案内 多国言語/雑談/記念撮影もOK 近鉄「近未来ステーション構想」

まるでどこかのゲームセンターに置かれている対戦ゲーム機みたいです。こんなの置かれていたら確かに近寄ってみたくなりますよ。人寄せパンダにはバツグンの効果じゃないでしょうか。
 ロボットの紹介が続きますが、こういうロボットはまず駅か、大型商業施設に配備されるんですね。 
 人通りの多いところで集中的に効果確認しようということなんでしょうが、やはり人手不足も大いに関係しているはず。 
 話題性バツグンで注目も集めて、施設の利便性、そして生産性アップにも貢献してくれたら言うことなしですよ。新しい時代を感じます。ビル管理、ファシリティマネジメントもますます楽しみな時代に来ましたねー。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事