【ビル管理】東京メトロが「消毒ロボット」を導入、さてどうなる?

最近、駅構内でロボットの姿を見る機会が増えてきた。東京メトロでは、6月12日の終電後(実際には13日)に有楽町線月島駅でロボットを活用した駅構内消毒の実証実験を実施した。

トイレの手すりを消毒する「PATORO」

 ZMPの開発する無人警備・消毒ロボット「PATORO」を活用している。なぜ、ロボットで消毒なのか?

 新型コロナウイルスの感染予防対策として、東京メトロでは駅社員や清掃員が構内の消毒を行っている。より効果的で効率的な消毒を実施するために、ロボットの活用を検討している。

 今回の実証実験で使用したロボットは、ZMPが開発した自律移動技術を応用し、人が歩くくらいの速度で自動運転をすることが可能だ。設定されたルート上で障害物を避けたり一時停止したりすることで、安全な走行が可能になっている。

【参考サイト】東京メトロが「消毒ロボット」を導入、さてどうなる?

コロナ禍で、がぜん出てきたのが消毒ロボット。 しかしまだどれも高さ調整までスムーズにできないのがネックと見ました。 長い手すりがあったり、高さが均一の椅子だったりと、調整の必要が少ない場所の消毒にはロボットは使えそうですが、まだまだこのあたりは人の手を使ったほうが効率は良さそう。
 しかし色々実験を重ねて、除菌、消毒分野もロボットがかなりの部分を対応できるようになると、人間の二次感染を防ぐ意味でも助かりますよね。 
 それにしても日本の開発するロボットはどうして、こう目を入れたり口を入れたりするんだろう?? 海外の開発するロボットはまずこういう擬人化されているものがない。 ロボットにも親しみを込めるところが日本のウェットでホスピタリティにも繋がっていく繊細なところなのかなー。おもしろいからいいですけれどね。

ピックアップカテゴリの最新記事