【ビル管理】次世代スマートオフィス&ビルディングの実現に向けて

近年、ビル事業者やオフィス管理者では、そのような変化に対応するための改装等工事にかかるコストに加え、スペースの稼働率把握、利用実態に応じた柔軟なファシリティ制御の変更、エネルギー効率の向上といった管理運用負荷の増大が課題になっているという。ISIDは、様々なオフィススペースの利用状況と空調や照明等の設備制御システムを連携する次世代スマートオフィス/ビルディングソリューション「wecrew」の開発に着手した。

同社は、Microsoft 365(旧称Office 365®)と連携する「スマート会議®」を電通グループ向けに開発・提供し、会議室の稼働率向上に寄与してきた。’17年5月にはビル管理ソリューションREMOVIS®をダイタンと共同開発。昨年10月にスマート会議×REMOVISの「スマートスペースプラットフォーム」をCEATECに出展。そしてこのソリューションを今夏より提供するという。

【参考サイト】次世代スマートオフィス&ビルディングの実現に向けて

コロナ禍もあって、いよいよ普及していきそうです。禍転じて福となすでしょうか。

 随分前から働き方改革も含めてスマートオフィスの考え方も言われていましたが、イマイチ普及していきませんでしたが、いよいよ最近はスマートオフィスの記事もよく見かけるようになりました。

 このISIDさんのシステムは、様々なオフィススペースの利用状況と空調や照明等の設備制御システムを連携するそうで、マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」上の統合されたプラットフォームとして稼働します。

 ISIDさんは、AIやロボット技術を活用して最適な空間やオフィスサービスを提供する機能の開発も進めているみたいで、いよいよロボットとも連携したスマートオフィスが近いうちに我々の仕事環境にも広まってきそうです。楽しみですね。

ピックアップカテゴリの最新記事