【ビルメンポスト】ビルメン業者の事業承継を成功の秘訣は「知的ソフトウェア」

ビルメン業者の事業承継を成功に導くポイントとしては、うまくいく事業承継の要諦とは事業承継というと、まず事業を渡す社長の立場から考えていくことが殆どです。先代の立ち場から考えなければいけないことが多々あることは事実です。しかしうまくいく事業承継を見ていますと後継者がうまく力を発揮できる舞台をつくることに焦点を当てる、これから受け継ぐ後継者の苦労や困難を予測し、未然に防ぎ、乗り越えられるように思案し、承継していくことこそが大切だとみます。

後継者の立場からすれば、先代社長から真に受け取りたいものは、財産でも金品でもない。本当に欲しいものは、先代社長の頭の中にあるノウハウや価値観や判断基準など、目に見えない知的ソフトウェアです。ノウハウや価値観、判断基準は、お金で買うことはできません。またコンサルタントや他の現役社長から学ぶこともできません。実際に経営を実践してきた社長が経験を通じて学んだ美学、これこそ後継候補が最も欲しがっているものです。

 後継者の視点・立場に立って、事業承継のすべてを考えてみると、きっと今までとは違うものの見方ができることと思います。

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事