【ビルメンポスト】ビルメン業者が生産性向上のため必ずやらなければならない適材適所での少数精鋭化

ビルメン業務で必ずやらなければならない、適材適所での少数精鋭化

社員の適正を配慮して、与えた職務に応じた精鋭にしようとすることが大切です。
全社員に、一般的に求められる社員像や経営者の社員に対する理想像を期待したり、押し付けてはいけません。 社員は一人ひとり違います。

社員一人ひとりは、それぞれの適正に応じた役割があります。 その適正と役割を見極め、社員の持っている能力をフルに発揮させる経営こそ、「全員精鋭」を目指した少数精鋭主義の経営の考え方です。
「精鋭」とは、一般的な優秀さを言うのではなく、与えられた職務に対して水準以上であることです。

その道のプロと、自他ともに認める精鋭が多いほど、その企業の人材力は高く

その道におけるプロということです。その道のプロと、自他ともに認める精鋭が多いほど、その企業の人材力は高くなります。
ビジネスにおけるプロとは、その道で他の追随を許さないレベルにある人材です。並み(普通)レベルはセミプロであっても本当のプロとは言えません。

少数精鋭とは、「精鋭を少数に絞って」ということであり、少数にすれば精鋭になるわけではありません。
精鋭でないものを、いくら少数に絞ったからといって、精鋭でないことには変わりがありません。形だけ少数にしてみて満足しても、望む結果は得られません。

ビルメン経営に携わる立場の者は、ビルメン経営の効率化を考えその実現を実行するのが仕事です。それが経営感覚

ビルメン経営に携わる立場の者は、ビルメン経営の効率化を考えその実現を実行するのが仕事です。それが経営感覚です。
ビルメン経営における人材活用は、使える人材を使える場所で働いてもらって成果を上げることです。一人としてムダにはできません。適材を適所において有効に働いてもらわなければならないのです。 厳しい経営環境のなかでは人材の絞り込みが急務になってきています。

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事