ビルメン業者の収益改善のもっとも直接的な方法は「ムダをなくし・ムダを生まない」

 収益改善のもっとも直接的な方法は、「ムダをなくし、ムダを生まない」ことです。
ムダを減らせば、減らした部分がそのまま収益になります。 これを実現するためのスマートな改善策が「見える化」、「定量化」です。

 このことはかなり知られているところですが、うまくいかない事例の多くに、「見える化」、「定量化」それ自体が目的となってしまい、なかなか収益改善に結び付かない、結果が出ないから継続するモチベーションが湧かないという状況がありました。

 ここでは、「見える化」「定量化」を使って、組織の「風土・体質」を変化させ、収益アップという具体的な“結果”を出すまでの道筋のさわりをお伝えします。

 組織の「風土・体質」を変えることは難しいように思えますが、やってみれば単純で簡単なことです。何度も経験しているので敢えて簡単そうに述べてみます。 つまりは、経営者、管理層がかわることです (決して、従業員が変わること、変えることではありません)。 現状をよしとしないことです。問題点、課題に気づき、次へ進む目標(思い付き、思い込みによるものではない)を立てられることです。  その気になれば、今日からでもできます。

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事