ビルメン人事労務管理の目的は「人材資源の有効な活用」の一言に限る

人事労務管理の要諦とは

人事労務管理の目的は、一言で言ってしまえば経営資源の中の「人材資源の有効な活用」でしょう。企業の最大の目標とは何でしょうか?  「社会が必要とする役割を人の集団が力を合わせて果たすこと」ではないでしょうか。 そしてその目標が果たされているかどうかは、しかるべき収益を上げているか否かで証明されます。

収益は社員である「ひと」が上げます。 昨今話題のAIや人工知能、機械や設備が独りで出すものでは決してありません。AIを使うのも結局は人です。
「企業は人なり」と言います。企業活動に必要な資金を生むのは、配分するのは「ひと」であるという再認識が必要です。

企業にとっても、そこに働く人にとっても良いことは何か、どうすべきなのか?  お互いに前向きな関心を持ち合って、そのことを考える土壌がほしい。

その土壌があれば、顧客・社会に対する真摯な姿勢が育ち、「やる気」・「働きがい」が個々の社員にも醸成され、ひいては経営も安定、発展していきます。 このことこそが、人事労務管理の要諦です。

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG