清掃ロボット「Whiz」と「施設清潔度診断サービス」を無償提供 生活インフラ6業種に ソフトバンクロボティクス

ソフトバンクロボティクスは、医療施設などの生活インフラとされる6業種を対象に、AI清掃ロボット「Whiz」(ウィズ)と科学的な清掃方法の確立をサポートする「施設清潔度診断サービス」を無償で提供することを発表した。
昨今の菌やウイルスへの対策意識や清掃業務に関するニーズの高まりにより、清掃業界や清掃員への負荷が高まっていることを受けたもの。

「施設清潔度診断サービス」とは、床面および接触部へのATP拭き取り試験による生物学的汚染度と、パーティクルカウンターによる空気中の粒子量を計測するサービス。ソフトバンクロボティクスのスタッフが現地で計測や診断を行う。

コロナ対策の緊急事態宣言も発令されて、ビルメン業界も人手不足感が更に強まってきたタイミングで、ソフトバンクロボティクスさんのAI清掃ロボット無償提供サービス記事です。マーケティング相変わらずお上手です。 生活インフラ6業種さん対象サービスみたいです。 このWhizは、清掃ロボットの中でも一番マスコミ紹介されていますね。普及も一番なのかな? 私も実物が動いているのを何度か見たことありますが、思っていたより静かだったのが印象的でした。他社清掃ロボットもいろいろ出ていますが、切磋琢磨してどんどん普及していってほしいですね。性能向上ももちろんですが。

https://robotstart.info/2020/04/15/whiz-covid-19.html

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG