【ビル管理】三菱地所、廃棄物の収集運搬をAI や量子コンピューターで最適化

三菱地所とグルーヴノーツは、人工知能(AI)やアニーリング方式の量子コンピューターを搭載するクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を活用し、東京・丸の内エリアで廃棄物を効率的に収集・運搬するルートを導き出す「廃棄物収集ルート最適化」を検証した。こうしたルート最適化検証は日本初という。

廃棄物の収集運搬をどうやって最適化するのだろうかと、興味持って記事読みましたが、読んでもイマイチよくわからない・・・・。 過去3年間の廃棄物の種類や量を記録していて、AIに覚えこませるというわけで、まず最初は手間かかるわけですが、そこをクリアできれば、あとは天気予報も取り込んで発生量を予想して最適ルートを導き出し、生産性を格段にアップさせてくれるとか。 ビルメンテナンス業界だけでもいろいろな分野においてAIやロボットの活躍が見込まれてきます。 記事を紹介させていただく度に思うが、これからどういうポジション、立ち位置に我々が立つかというのは、真剣に考えてみてよいこと、考えなければならないイシューだと思います。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45ae00f89c3a49d909a6dc64f9975bb7a56ff4fc

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事