アバターロボット “ugo” によるトイレ清掃業務の公開実験実施

アバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社(本社:川崎市、代表取締役CEO:松井 健)は、ビルメンテナンス事業を行う株式会社千代田(本社:大分市、代表取締役社長:宇治田 幸一)と共に大分県産業科学技術センターにおいて、”ugo”によるトイレ清掃業務の公開実験を実施いたしました。

これは、「大分県アバター戦略推進事業」の一環として、アバターロボット”ugo”によるビル清掃サービスの開発に向けた実証実験の成果を発表する目的で実施されたものです。当日は実験用トイレを使い、実際に現場で清掃をどのように行うのか、”ugo”の特徴である遠隔操作と自動化の方法などと合わせて報道陣に公開いたしました。
今回の公開実験のほか、一連の実証実験を通し、人手不足がますます深刻化するビルメンテナンス業界において、人材の有効活用、現場の効率化及びコスト削減などを実現する新たなサービスの創出を目指します。

まだまだ甘いです。が、正直こういう形状もそれぞれで細かい部分の清掃は最後まで人の手に残ると思っていたので、こういう部類までロボットにやらせようという流れがあるというのは個人的に意外でした。 だだっぴろい空港やっショッピングセンターの床清掃などをロボットが代替していくのはそうだろうねって思っていましたが・・・。 前にも紹介した警備ロボットが清掃もしています。まだまだ甘いですが(笑)。 しかし、やらせようというその心意気には驚きます。うーん、こういう細かいところは人の手に残ると思うけれどなー。逆に効率悪いのでは?? これは多くの業界人の意見を聞いてみたいなー。

https://oita.keizai.biz/release/32170/?fbclid=IwAR3ej2FQKk2jXyT8FqiKx8gsbqpvOFE_PtjShXdiOdgo0Smc7gX5T8RREeg

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事