空き家件数が過去最高を記録。「信用」を借りて市場に流通させる試みとは

移住したいけれど住む家がない、という話を地方ではよく耳にする。実際に空き家がないわけではない。空いてはいるけれど「知らない人に貸すのは不安」「仏壇が残っている」「息子がお盆に帰ってくる」などの理由で、物件として市場に出てこない。そうした空き家予備群が、地方にはたくさんある。

総務省統計局の「平成30年住宅・土地統計調査」によれば、いま日本の空き家の数は846万戸。これは総住宅数の13.6%を占め、過去最高を記録した。

これからますます増える空き家をどう利活用していくか?は全国、どの地域にとっても大きな課題だ。貸すも売るもしないまま家が朽ち、持ち主が不在となれば自治体の財政を圧迫する。

各地でさまざまなトライが始まっている。今回は、熊本県合志(こうし)市に半官半民の形で設立された「こうし未来研究所」を紹介したい。各地の取り組みを追う第1弾。

もはや待ったなしの空き家問題ですが、こういった行政の信用を借りた取り組みもよさげですね。 どうしてもこういった新しい?というか社会にまだ広く認知されきっていない問題に関しては、新しい取り組みを初めてみても、どうしてもうさんくささ??が先にたってしまいがち。 こういった半官半民のかたちで進めていうのはうまいやり方かも。それぞれの市町村にとっても空き家問題は危急の問題ですから、何でも手を出してやってみるのはいいことでは。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kaikaori/20200311-00162744/?fbclid=IwAR3v9fb8JSDDjtZFrljA1DSTZ-j9xIAi2DdpBue3EAvxUDlzQd4Ye7aQs-8

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事