ウェブで直接交渉 不動産フリマサイトは空き家問題の救世主か?

今から13年後の2033年、日本の空き家率は30・2%、空き家戸数は2146万戸(野村総合研究所調べ)になる見通しで、2018年と比べるとそれぞれ2倍前後で推移する。そんな中、引き取り手のいない空き家の持ち主と買い主、借り主を直接つなげるサービスが始まった。

 従来は持ち主が不動産会社に依頼して、広告媒体などを通じて買い主や借り主を探し成約にこぎつけるが、「家フリマ」は不動産会社を通さずに売り主と買い主や借り主がウェブ上で直接交渉を行う仕組みだ。

いろいろな空き家のマッチングサイト出てきていますが、ついにこんなのも出てきました。 まったく使い勝手はわかりませんが、お手軽具合が半端ないんで広まるかも。とにかく空き家の紹介のみに徹しています。紹介料のみ3万円貰いますってことみたいですね。 あとは自由に双方でやってください。必要であればその他のサービスもできますよ。ってわけで、ほんとシンプル。個人的にこういうわかりやすいの好きですね。 使い勝手が良ければ広まっていくかも。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00000021-nkgendai-bus_all&fbclid=IwAR25y6O4saIJvQ-CUfvRpstNtQWBq7hj9I7MYgHzMobEdbI9k_ARDR-fh5A

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事