NO IMAGE

相続した実家に誰も住む予定はなくても、長い間家族が生活してきただけに愛着は消えません。すぐに売るのもしのびないと、空き家のままにしている人も少なくありませんが、維持費などのコストはかかり続けます。今回はそのコストを解説し、下げるための工夫なども紹介します。

増大する維持管理費
空き家には大きく分けて「税金」と「維持管理費用」という2つの経済的コストがかかります。
「税金」についての詳細は「相続した不動産にかかる費用は?名義変更・登記から売却まで整理」をお読みください。

もうひとつの「維持管理費用」は、建物を良好な状態で維持するためのコストで、主に次のようなものがあります。

私も在所の空き家を持つ身ですが、ここに書かれていることは自身も身につまされます。 思い出という遺産から逃れられないんですよねー。 上手に費用対効果を考えながらの維持管理方法なんかもまとめてくれています。 多くの方にいずれは降りかかてくる問題?でもあるわけですから、その前に事前に空き家のコストを知り、コストダウンと適正な管理を心がける事前知識として必要だと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00010000-souzoku-life&p=1&fbclid=IwAR2O-k23wcub1jDHaZiJKWup_yOItT5HJHydKOpNR1OyUibDgbeRmcmf_kE

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事