【ビル管理】矢野経済研究所、空調衛生設備工事に関する調査結果を発表

矢野経済研究所は、国内の主要な事業者75社を対象として、空調衛生設備工事に関する法人アンケート調査の実施を発表した。本調査では2014~2018年度の工事売上高推移を集計するとともに、受注動向や資材仕入、事業の注力ポイントなどを調査し、空調衛生設備工事業の動向を明らかにした。

あまり空調設備関係の動向ニュースって出てこなくって、久しぶりに見つけましたんでアップさせてもらいました。
 言われているとおり、空調設備工事は順調に伸びているんですね。
① 資機材・労務費の高騰が継続して工事費用の平方メートル単価が上昇している。
② 工事件数が堅調に推移している。
③ 収益性の高い案件を選別して受注が可能な状態が続いている。
これが、好調な要因だそうです。

今後は、バブル時期に建てられた建築物がリニューアル時期を迎えることなど、環境や省エネ技術を駆使した更新工事に関する需要への対応が、各社とも重要になってくるそうです。

課題は、
① 職人・専門の下請工事業者などの確保。
② 職人不足の常態化。
③ 現場人員の身体的負荷の軽減
とかで、どこも一緒ですね。人手不足は、なかなか本質的な解消がむつかしいです。しかし、地道な取り組みが欠かせないところで、実力が出てくるキモでもあります。

https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/2002/05/news034.html?fbclid=IwAR1hyv1lxF3Vh4umbqpVqFFFBiohK2uVjCk_eLS7AlPcCKJwPyN_jYclEHA

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事