【空き家管理】廃墟マンション解体、全国初の行政代執行…費用1億円の回収めどたたず

滋賀県野洲やす市は25日、市内の築48年の分譲マンションについて、空家対策特別措置法に基づき、行政代執行で解体工事を始めた。同法に基づく分譲マンションの解体は全国初とみられる。壁が崩落するなど「廃虚化」が進んでいたが、区分所有者の一部と連絡が取れず、費用約1億円の回収のめどはたっていない。

恐れているニュースが出てきますね。ついにマンションでも代執行です。戸建てとは桁も変わってきますからね。費用1億の回収もめど立たずということで、過去記事でも書き続けていますが、早く行政の法改正を進めていかないとまったなしだと思います。我々のライフスタイルもこれから変わっていくことになるはずです。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200125-OYT1T50156/?fbclid=IwAR1DdS8lndgLpW5HGLmejGP0-tN8LGGccQQe1jcPdwr-axcFwRfCFd2k7PU

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG