【マンション管理】マンション自主管理のスタートアップ「Matera」が12億円を調達

Matera(マテラ)はフランスのスタートアップで、以前はiLLiCopro(イリコプロ)という社名だった。このほど1000万ユーロ(約12億2700万円)の調達ラウンドを完了した。この会社は集合住宅の管理を行うのに必要なツールを提供するSaaSプラットフォームを開発している。

フランスでは、マンション管理にふたとおりの方法がある。管理会社と契約するか、自分たちでやるかのどちらかだ。Materaは後者で、自分たちで建物を管理したい共同オーナーたちをターゲットにしている。Materaはウェブベースのプラットフォームを作り、情報の閲覧や他の区分所有者とのコミュニケーションを円滑にして全員が最新情報を共有できるようにしている。ちなみにBellman(ベルマン)などのように別のアプローチをとっているスタートアップもある。

 めずらしく、フランスのマンション管理ニュース。フランスでは、管理会社にまかせるのと、自分たちでの自主運営方法。自分たちでの自主運営をフォローアップするウェブベースのプラットフォームがこれだそうです。 日本でも管理会社まかせが本当に大丈夫なのか?というニュースが最近多いですが、和洋問わずどこでもある問題なんですね。フランスで出来るということは、日本でもできるのでしょうね。こういう受け皿、日本でも作るとニーズあるかもしれません。

https://jp.techcrunch.com/2020/01/17/2020-01-16-matera-raises-11-2-million-to-let-you-handle-residential-property-management-yourself/?fbclid=IwAR2Nl5JRnWV3GkZqH9AjHGSwMIsnHFYtDVaGZQkCgqHYr2uJ68zbFAdDdg0

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事