ロボットが自分でエレベータを呼んでフロアを行き来します!巡回・見守り、配達ロボットと通信の実証実験をWCPが公開

ソフトバンク傘下の電気通信事業者、Wireless City Planning株式会社は、ソフトバンクが研究教育用に開発しているロボット「Cuboidくん」を使用して、オフィスビルでの「巡回・見守り」「荷物の配達」を行うデモンストレーションを報道向けに公開した。中でも特に注目すべき機能は、ロボットとエレベータの連動。ロボットがエレベータと通信して自律的にフロアの移動を可能にしている。

施設警備、配達業務も定型ルートならもうこういうロボットにおまかせでいいのかもしれませんね。色々なメーカーさんからどんどん出てきますね。人は管理センターでチェックしておいて、何か異常が発生したときのみ出かけていけばいいわけですから、当然生産性も高まるし、人手不足の解消にもつながります。付加価値の高い仕事に注力できるのでいいですね。うーん楽しみでもあり、結構早急にビルメン関係者も物件管理の仕様、案内を変えていかなければならなくなるかもしれません。

https://robotstart.info/2020/01/09/wcp-cuboid-demo.html?fbclid=IwAR0AZbQhXOTZqMvr75lE9JwsHqJGlDoTFY9iv-rDmoffQ37oKpiiJP4tQsk

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事