【ビル管理】鹿島、IoTでAzureにデータを蓄積しAIで分析する建物管理サービス

鹿島建設(鹿島)と鹿島建物総合管理(鹿島建物)は12月4日、日本マイクロソフトと連携し、建物管理プラットフォームである「鹿島スマートBM」(Kajima Smart Building Management)を開発、サービスの提供を開始した。既に累計約60件を国内の既存建物に適用済みといい、2019年度中の累計100件の本格適用を目標に、さらなる展開を進めていくとしている。

新サービスは、空調や照明などの稼働状況、温度や照度などの室内環境、エネルギー消費量など、建物に関するデータを、IoTを利用してマイクロソフトのクラウドプラットフォームであるMicrosoft Azureに蓄積し、同プラットフォーム上でAI(人工知能)を用いて分析することで、設備の最適調整や省エネルギー支援によるランニングコストの削減、機器の異常や故障の早期把握などを実現する。

最近この手の大手さんによる、IoT建物管理サービスの紹介が増えています。それだけコスト削減や効率性アップ、生産性アップに繋がりやすいのでしょう。ビルメンやっていても感覚的にこういった設備がらみはAIやIoTととても親和性が高いと確かに感じます。まだ全国でも1%にもみたない大規模なビルやマンション管理用に感じますが、そう遠くない間に多くの建物管理に使えるサービスが普及していくのでしょうね。イノベーションの芽はたくさんあって、建物管理業界にとってもわくわくしてくる話題が次々出てきます。乗り遅れないようについていきたいところですね。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw6255360?fbclid=IwAR06rK_NrP-tzfKG2996xdSkAUx1ToC6cd8t7-iXhjcrI1V4g0WkjMuT0jA

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事