意外な理由で買う人々 廃墟でも売れる「空き家ビジネス」の実態

空き家元年といわれた2015年から丸5年。この間、関連する法整備、活用の多様化など空き家をめぐってはさまざまな変化があった。ただただ混乱していた当時からすると第2フェーズに入ったともいえる。空き家を処分あるいは活用するビジネスも多数生まれている。空き家を処分したい人、空き家を使いたい人双方に向け、空き家ビジネスの最前線を紹介しよう。

ゴミ屋敷でも、廃墟でも売れる
処分したい人にも、使いたい人にも役立つサイトのうち、もっとも知られているのが、売りたい人、買いたい人が直接やりとりをする掲示板「家いちば」だろう。2015年10月にスタートし、2017年12月以降はメディアにも頻出。一般の不動産会社が扱わないゴミ屋敷や、廃墟となった病院、工場、旅館など面白い物件も扱っていることに加え、「タダでもいい」「お金を出してでももらってほしい」という物件があることなどで話題になった。

この4年間で掲載された物件は800件を超え、問い合わせは累計で1万件超。平均すると6件に1件が売れており、掲載物件は離島も含め、ほぼ日本全国に及ぶ。特に最近は「これ、売れるの?」と首をかしげるような物件が早く売れるという。

「廃墟のガソリンスタンドをバイク仲間の拠点にしたい、古民家を秘密基地にしたい、家を買えば人生が変わるかもしれないので買ってみるなど、不動産のプロの先入観を覆すような理由で買う人が少なくありません」と、家いちば代表の藤木哲也氏は話す。「そもそも、プロの値付けが空き家流通を阻んできた側面もあります」。

今まで、このサイトで紹介させていただいたことも沢山出てきています。空き屋についてたくさんまとめられています。一読するだけで、空き家対策について希望が沸いてくるかも。今や全国に800万とも言われている空き家ですが、都心の一部を除いて、どうしたらよいかわからないものがほとんどのはず。それがどんどん増え続けてくるわけですが、800万物件もあるものには、必ずどうにかしようと知恵を絞りまくってチャンスに変えようとしている方々がいるもの。今後、住宅は、今までのように、個人が生涯で買う最も高い買い物ではなくなるかもしれませんね。と言うか、かなりそれが現実味をおびてくるんじゃないかと本気で考えてしまいます。

https://news.livedoor.com/article/detail/17479937/?fbclid=IwAR3mqZ84d-97yrhUVcwdJ4Sfon1CF8WSVj001qyED5prxUEVpM7HFny17OI

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事