【ビル管理】東急コミュニティーと東急、ベトナムでオフィスビル・マンション管理業務を開始

株式会社東急コミュニティー(東京都世田谷区)と東急株式会社(東京都渋谷区)は、ベトナムにおいて総合不動産管理会社「東急PM Vietnam有限会社(TPMV)」を2019年3月に設立し、その傘下としてマンション管理会社「NOZOMIレジデンシャルマネジメント株式会社(NRM)」を同年4月に設立した。

 TPMVはホーチミン市ビンタイン区のオフィスビル(一部ショールーム)「ナノコビル(nanoco building)」の管理受託を、NRMは同市ビンチャイン郡の分譲マンション「サイゴンミア(Saigon Mia)」の管理受託を、それぞれ10月1日から本格的に開始した。

 東急コミュニティーは2017年11月にインドネシア現地法人を設立し、東急不動産株式会社(東京都渋谷区)の分譲マンションの管理を2018年8月から行っている。海外での事業展開は、ベトナムが2か国目となる。

昨日はAIロボット清掃で中国に差を開けられているんじゃないのか?っていう記事紹介でしたが、本日はビル管理のサービスをベトナムで東急コミュニティーさんが開始していくというニュースです。 現地の管理会社に出資して日本品質のビル管理サービスを広めていくとのこと。 サービスならまだまだ日本品質は十分に優位性がありそうですね。 大手さんは次々にシンガポールやら海外に進出していますね。

https://www.viet-jo.com/news/nikkei/191029144551.html?fbclid=IwAR2QNvVSnltA5ZtykEX2vPnCrrr8LeuR7eyUh9Ijhfx5am4gOp0WWU7qeh8

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事