【ビルメンテナンス】日立、ビル設備の稼働状況などを遠隔地から確認できる「BUILLINK」を発表

日立製作所ならびに日立ビルシステムは10月16日、同社のIoTプラットフォーム「Lumada」のビル分野向けソリューションとして新たに、エレベータなどのビル設備の稼働状況や保全状況などをスマートフォンなどで遠隔地から確認できるビルオーナー・管理者向けダッシュボード「BUILLINK」を2019年11月15日より国内向けに提供すると発表した。

昨日は、まだ具体的に見えないなーとつぶやきました、ビル管理システムの具体例の一つを見つけましたのでアップします。 まずはエレベーターやエスカレーターをオーナーがスマホでじきじきに稼動状態をチェックできるもの。エレベーターの稼働状況はサービス管理会社で遠隔操作できるものはだいぶ前からありましたが、オーナーさんも直々にスマホチェックというところが新しいですね。 エレベーター、エスカレーターと来て、更に自動扉、空調とどんどん進展していきそう。

https://news.mynavi.jp/article/20191016-910397/?fbclid=IwAR3_vQpJXzyf1u2EPGe16l_TfOX_ApBBSl8C95wWwdEHj-7EQWND42jN6zs

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事