【ビルメン業界】あなたはリモートワーク向き?社交性タイプでわかる働き方の向き不向き

働き方改革の一環として注目を集めるリモートワーク。リモートワークには性格の向き不向きがあるようです。今回はリモートワークを導入したいと検討中のビジネスパーソンに向けて、米国ビジネス誌FastCompanyのコラムを紹介しつつ、リモートワークを成功させる秘訣を考えてみましょう。

ビジネス型SNSのLinkedInによると、米国では約70%の企業がなんらかのリモートモーク環境を提供しているといいます。

日本ではIT系の企業のイメージの強いリモートワークですが、米国では、保険会社やNPO組織、法律、医療系の職種にまでリモートワークは広がっています。

週に1回はリモートワークをしたいと考えるビジネスパーソンが8割以上いることを考えると、リモートワーク可能な企業や職種の選択肢が多いことは望ましいでしょう。

2019年に行った調査では、オフィスでの勤務時間で生産性の高い仕事ができていると答えた人は、わずか8%にとどまりました。

金曜日ということで、久しぶりの生産性コラム。確かに制度を作っても、それを活用する人のタイプによって向き不向きもあるということです。
 制度をつくてもそれを強制させるわけではなく、個々人に合った活用を柔軟にしてもらえばよいというわけですね。
 外国だから日本だから。大企業だから、中小零細だから。ではなく、チームや組織、個々人に合った活用で生産性を高める視点。制度に人を合わせるのではなく「人」に合わせる視点を持つが大事ということはとても納得です。

https://career.joi.media/trends/2019/10/14/13697/?fbclid=IwAR0LUBbtBawnxB6Ka4Kc3HjrQhFTdEobhZzUSkzidYQ8CTiG5eVd0V9j8Y8

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事