国内空港では初、自律移動型の警備ロボット

富士山静岡空港(静岡県牧之原市)は、15日に綜合警備保障(ALSOK)の自律移動型警備ロボット「REBORG―Z」を導入する。国内空港としては初めての導入となる。警備員の人手不足が深刻化する中、旅客ターミナルビルの警備で効率化と高度化を目指す。

 REBORG―Zは、カメラで360度の周辺監視が可能。また超音波、レーザーセンサーを搭載し、一般利用客が歩行する公共空間でも精度の高い自律巡回ができる。英語、中国語、韓国語にも対応する。

 富士山静岡空港では、道路保守・管理システムや人工知能(AI)搭載の清掃ロボットに続く、第3弾の業務効率化プログラムとなる。

少し前にも紹介させてもらったALSOKさんの警備ロボはなんと富士山静岡空港で初稼動なんですね。あくまで空港での話ですが。こういうAI搭載ロボットはまず空港とか大きなショッピングモールとかで稼動初めていきそうですよね。清掃でも設備でも警備でも確実にロボットやAIやIOTとかと人間の協働作業に確実になっていきます。人間の仕事がロボットに奪われるとかの狭義の話ではなくて、人がやることに優位性があることに集中していけるわけで、本当に楽しみな時代に生まれてこれました(笑)。

https://newswitch.jp/p/19215?fbclid=IwAR2Y1wUIR7FvkoY8HEE8ZD4R66TP7HA0Ua8ibxy-pbNKPcpPLjRMqKt2-RU

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事