【ビルメンテナンス】ダイキン、IoTを使って省人化を実現、業務用点検サービスを10月から提供

ダイキン工業は、業務用空調機の室内ユニット内にあるドレンパンの汚れ度合いを定点カメラの画像から自動解析し、PCやタブレット端末を通じて清掃の推奨時期を通知するIoT活用の遠隔点検サービス「Kireiウォッチ」を10月1日から提供する。
 室内ユニット内で発生した結露水の受け皿となるドレンパンは、経年や空気環境の影響でカビやホコリなどの汚れが溜まりやすい。汚れが排水部に詰まると水漏れや空調機の異常停止の原因になるため、ドレンパンの定期的な目視点検や清掃が必要になる。

警備業もそうだが、施設設備管理もAIやらIOTと親和性とても高いと思う。 空調機のドレンパンの汚れを検知して清掃時期を案内してくれる遠隔点検サービスとか。つぎつぎ出てきますね。人が楽できることは楽して、人じゃなければ出来ないことに集中していく。生産性アップにも、人手不足解消にも繋がっていくわけで、どんどんこういうの出てきてほしいですね。

https://news.nifty.com/article/technology/techall/12248-402654/?fbclid=IwAR2hGl2Uh8P1l8sXggIdB6lmigSGFSK0a0ZlqmGmRea3WAHgrKy-ife4vik

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事