人型、警備、清掃ロボットなどを展開するクラウドマインズ社が日本に上陸 自動化・省人化ロボット展

生産現場におけるロボット活用を推進する専門展示会「第2回自動化・省人化ロボット展」などからなる「メンテナンス・レジリエンスTOKYO」が東京ビッグサイトで2019年7月24日から26日の日程で行われている。併催は「第11回インフラ検査・維持管理展」などで、生産設備から社会インフラのメンテナンスに至るまで、様々な国土強靱化、労働サポート関連技術が展示されている。主催は一般社団法人日本能率協会。

「第2回自動化・省人化ロボット展」にはクラウドマインズジャパン株式会社が出展し、人型サービスロボット「XR-1」他をデモしていた。日本初展示だという。

同社はアメリカCloudMinds Technology Incの子会社。人型サービスロボット「XR-1」は、CloudMindsが独自開発した「Smart Compliant Actuator(SCA)」と、同社が「HARI」と呼ぶ、AIと人手を組み合わせたロボットコントロール・クラウドサービスを特徴としている。「XR-1」はSCAとHARIのアピールを主な目的としたロボット。コントロールのインターフェースにはAndroidを用いている。

もう終わってしまっていましたが、こんな展示会東京でしてました。インパクトありますね。こういう人型ロボットは日本の独壇場かと思っていましたが、アメリカの会社の日本法人が出しています。清掃も警備も案内もロボットやらAIやらでまかなえることはどんどんおまかせ。人に優位性のあることは何か。きちんと把握してこれからは協働の時代ですね。昨日のコメントではありませんが、確実に働き方は変わっていきますね。企業も人も今までのままでは生き残っていけないわけですから、きちんとついていきたいです。

https://robotstart.info/2019/07/25/moriyama_mikata-no95.html?fbclid=IwAR1T8bk11Lz5NIUb5I5GEzRhiYMkzhSGIfscGZp3roRX5bxUeQGZkt8zzm0

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事