MENU

【ビルメンの遠隔接客サービス】バーチャルアバターで遠隔からも接客案内

AIを使用しないで人が遠隔地でもアバターを使って接客案内できるシステムです。

子育てや介護中でまとまった時間が作れず働けない人や家から出にくい方、車椅子での生活などの障がいのある方などでも働く事が可能になり、モニター越しに対応するので実際の対面コミュニケーションではストレスを感じる方などにでも活躍する機会を得ることができる。

事務所の奥からエントランスに人の気配を察知したら自動で電源入って対応することも可能だと思います。

【参考サイト】Monolis とは

等身大アバターを使って遠隔地から操作しリアルタイムにコミュニケーションを図るシステムです。

特徴
 等身大表示
実感しづらいサイズ感をリアルで再現し”人”として活躍できます。

 アバター
アバターを使うことで、新しい人格を持ったキャラクターで活躍できます。

 遠隔地からの操作
離れた場所から、操作できるので活躍の場も広がります。

 コミュニケーション
 カメラを通し相手の姿を確認し、スピーカー・マイクで会話できます。

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

ビルメン業務でこんなお困りごとはありませんか?

  • 求人募集で誰も来ない・離職率が高く・定着率が悪い。
  • ビルメンの業務効率化・労働生産性向上・IT/DX化
  • 警備・清掃業務の値上げ交渉が上手くいかない。
  • ビルメンロボットに導入に関しての相談

ビルメンコンシェルジュでは「ビルメン業務・ビル管理に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

空き家でこんなお困りごとはありませんか?

  • 田舎の実家・空き家をどうするかで悩んでいる
  • 実家を放置しっぱなしなので何か有効活用をしたい。
  • 実家をなるべく費用をかけずに処分したい。
  • 空き家の維持管理にどのくらいの手間やコストがかかるか知りたい。

ビルメンコンシェルジュでは「空き家管理・処分・活用に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

この記事の執筆者

清水聡希 清水聡希 ビルメンポスト管理人

ビルメンポスト』管理人/『ビルメンコンシェルジュ』チーフSG・名古屋市生まれ。日本ホスピタリティ推進協会員
「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。
※取材依頼・仕事のご依頼はこちら>>

目次