【ビル管理】「この虫の名は?」すぐ解決 20万匹の害虫画像を学習した、駆除を支える「クラウド×AI」がスゴい

【ビル管理】「この虫の名は?」すぐ解決 20万匹の害虫画像を学習した、駆除を支える「クラウド×AI」がスゴい

「ショウジョウバエが5匹、ユスリカが30匹」──。害虫駆除業者は、害虫の発生経路などを突き止めるため、虫を捕まえて目視で数える作業を日々行っている。この負担を軽減するため、AI・IoT・クラウドの技術を駆使し、害虫の撮影や分類を自動で行うシステムを、害虫駆除用品の専門商社が外部ベンダーと協力して開発。2018年から提供している。分類の精度は職人を超えるという。

 「害虫をカメラで撮影し、画像をクラウド上のストレージに転送した上で、AIで解析する仕組みです。AIは約20万匹の害虫の画像と名前を教師データとして学習しているため、約95%の精度で名前を判別できます」

 そう話すのは、害虫モニタリングシステム「Pest Vision」を企画した、専門商社「環境機器」経営企画部 副部長の亀本達也さんだ。同社は害虫駆除用品の卸売業界の最大手で、年間売上高は約32億円(2017年12月期時点)と市場の約4割を占める。競合との差別化をさらに進めつつ、駆除業者の働き方を改善するためにPest Visionを生み出したという。

害虫防除の分野でも、着実にAI来ているんですね。確かにセンサーでチェックできて、害虫の種類も高い精度で特定でき、駆除方法まで出してもらえれば大きな時短になりますね。昔ながらの職人の技術がだんだんAIにとって代わられていく時代です。我々は広く浅くでも対処方法を知っていれば良い時代でしょうか。今日も考えさせられます(笑)。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/05/news055.html?fbclid=IwAR06dx7iL65PP0U4VTMOwqdO92ho_7oarGHRKu9n-l-e9CdCstPZ3MZwTho

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事