【アバター警備ロボットが介護業務進出】アバターロボット「ugo」が介護業務を開始

ビルメンポストでも何度かご紹介させていただいた警備ロボットのugoが介護分野へ進出するようです。

ugoといえば警備ロボットだと思っていたので、あまり介護向きというか癒し系ロボットに見えてきませんが、介護の資格がなくてもできる仕事、つまり利用者さんの案内誘導や様子確認など結局やることは、警備業務とあまり変わらない?ようです(苦笑)。

おもしろいのは、この警備介護ロボットの遠隔操作を障がい者さんやってもらうとりくみを考えてみえるということです。

企業として障がい者雇用の促進に繋がって、とても有意義な活動だと思います。ロボットの操作もわかりやすくできているのでしょうね。

アバターロボットが愛嬌あるように私には見えませんが⁈障がい者雇用率向上へ繋げるとりくみは素晴らしいですね。

【参考サイト】アバターロボット「ugo」が有料老人ホームで介護業務を開始 ロボットの遠隔操作は障がい者スタッフが担当!介護人材不足に画期的なアプローチ

アバターロボットの開発を手掛けるユーゴー株式会社のアバターロボット「ugo Pro」が介護分野へ本格的に進出する。

株式会社ツクイホールディングスは、ツクイグループが運営する介護付有料老人ホームでアバターロボット「ugo Pro」を試験導入することを発表した。また、アバターロボットを遠隔操作は、ツクイホールディングス特例子会社の株式会社Grasol(グラソル)の障がい者スタッフが行うことも同時に発表した。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG